2015年04月17日

社内の検証用PCを刷新しました

弊社のORCA検証環境は、実は創業前から一貫して同じでした。
mini-ITXなどという規格ができる前の小さなマザーボードを搭載し、5インチベイが複数あるキューブ型PCにハードウェアRAIDであるARAIDを使用していました。
なにせ古いものなので、HDDは80GBクラスのIDE HDDでした。ただ、トレイごとHDDを交換できるので、検証用としてはとても便利でした。近年はRAID機能を使うことはほぼありませんでした。

流石に古くなりすぎまして、CPUはなんとかAMD64対応だったものの、メモリが1GBしか積めないのでUbuntu 12.04の動作すらおぼつかなかったのです。

そこで検証用PCを新調することになったのですが、仮想マシンとして複数の検証環境を同時に動かすのが今時ですし、であれば大容量のSSDを積めばディスクIOを気にしなくても良くなりますし、2.5インチSSDが入ればいいので筐体も小さくできますし、値は張るもののメモリも16GBくらいなら積めます。
というわけで、以下の構成になりました。
・ベアボーン…Mini PC Intelレジスタードマーク NUC Kit NUC5i5RYH
・メモリ…W3N1600Q-L8G
・SSD…CT500MX200SSD1
・ミニHDMI変換…AD-HD07M

検証環境は今まで使用していたものをVirtualBoxのVDI形式に変換し、zerofreeコマンドを実行してから"VBoxManage modifyhd hogehoge.vdi --compact"を実行するとファイルサイズが劇的に小さくなりました。おおむね1/3以下です。
仮想マシンのメモリの割当は2GBになり、またCPUのコアの割当も2個になったので今までよりも格段にパフォーマンスが向上したうえ、5個くらいであれば余裕で同時起動できるので、検証環境をガチャガチャ切り替える必要もなくなり、とても便利になりました。
posted by 株式会社アプセル at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術