2017年04月27日

4月から地味だがインパクトの有る変更が

こんにちは、daihyouです。
平成29年4月1日から、医科レセプトを作成する上で、地味ですが実務担当者にはややインパクトがある変更がありますね。
1年前の改正対応にあった経過措置が終了した影響などなどです。


・在宅支援診療所では無いクリニック様が、在宅時医学総合管理料を算定しているケース
 29年4月1日から、「在宅専門クリニック」がこの点数を選定すると2割減さんになるケースが発生します。
 ORCAでは、「在宅専門クリニック」では無く、この点数を算定しておられるクリニック様は、施設基準を設定せねばなりません。

・未コード化の特定器材がレセ電データで使えなくなりました。
 ORCAでいうと059で始まるコードを持つ特定器材が、レセ電請求できなくなりました。

弊社がORCAをサポートしているクリニック様に対して、数は多くないですが対応が後手に回ってしまい、
びっくりさせてしまってしまいました。
皆様、毎日一生懸命にORCAを使って頂いているのだなと再認識した次第です。
posted by 株式会社アプセル at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179571819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック