2010年10月18日

Microsoft Officeとその互換オフィススイートの比較@ Microsoft Office 2010

というわけで、何回かに分けて弊社の業務とは全く関係ないオフィススイートについて取り上げます。
記念すべき(?)1回目は定番中の定番、Microsoft Office 2010です。

いうまでもなく最もよく使われているオフィススイートで、2010はその最新版です。
値段は"Microsoft Office Home and Business 2010"で28167円(Amazon価格)とのことです。
パッケージ版は1ライセンスにつき2台までにインストールでき、うち1台はモバイルPCである必要があります。

いくつかサンプルファイルを読み込んでみました。
word1-mini.png
弊社で以前作成していたマニュアルです。Microsoft Word 2003で作成したものですが、ズレなどは全くありません。

word2-mini.png
認定システム主任者 更新に関してのアンケート【DOC】を表示させました。

excel-mini.png
日医IT認定システム主任者・認定インストラクター更新申込書【XLS】です。PHONETIC関数が使われています。

さて、これらのファイルはほかのオフィススイートで開いた場合、どの程度ずれずに表示できるのでしょうか。

安いオフィススイートはたくさんあるのに、価格が1桁違うオフィススイートを買う理由はどのへんにあるのかを、探っていければと思います。

当然ですが、弊社にいろいろオフィススイートがあるわけではなく、筆者による個人コレクション(もちろん全て正規品)です。日曜日にスクリーンショットをパシパシ撮って、いったい何をしているんでしょうか。

続く
posted by 株式会社アプセル at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41383381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック