2012年10月02日

Lenovo IdePad Z575でUbuntuとWindowsのデュアルブート

諸事情によりIdeaPad 575を購入し、Windows 7とUbuntu 12.04.1をデュアルブートにしましたが、手順がかなりややこしかったのでメモです。

01. ディスクの管理でCドライブを縮小
02. USBメモリから起動し、普通にインストール
03. Windowsが起動するので、Grub2Winをインストール。インストール方法はCドライブ直下に解凍し、c:\grub2\grub2winを起動し、質問に答えるだけ
04. USBメモリからUbuntuを起動し、Ubuntuをインストールしたパーティションをマウントして/boot/grub/grub.cfgをどこかにコピーする
05. Windowsを起動し、コピーしたgrub.cfgを参考にしつつマニュアルに従ってc:\grub2\grub.cfgを書き換える
(あるいはWindowsとUbuntuのパーティションを両方マウントし、参考にしつつ直接書き換える)

Grub2WinからWindowsが起動できるはずですが、実際にはできてません。それでもUbuntu 12.04を起動することは可能でした。
問題は、カーネルをアップデートしてもc:\grub2\grub.cfgは書き換わらないので(そりゃそうです)、手動で書き換える必要があることです。面倒ですね。

ちゃんと検証したわけではありませんが、いちおうホットキーもほぼ動作し、ハードウェアの認識もバッチリに見えます。

デュアルブートにしようと思うとめんどくさいですが、VirtualBoxをインストールして仮想化するとか、Wubiを使用するとかすれば難易度は大幅に下がります。
posted by 株式会社アプセル at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58686665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック