2013年09月09日

ejectコマンドが動作しない

ejectコマンドが動作しないということがありました。

ejectコマンドは、デフォルトだと/dev/cdromを見ているのですが、イマドキのLinuxでは/dev/sr0がデバイスファイルなので、/dev/cdromは存在しません。
ただ、起動時に/lib/udev/rules.d/75-cd-aliases-generator.rulesをキックして/etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rulesを書き換え、/dev/cdromなどにシンボリックリンクを作成するようになっているのですが、原因不明の何かによって/etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rulesが正しく更新されないということがあります。同じハードウェアでも、3台のうち1台だけがうまく動作し、それ以外はうまく動作しません。正確には起動直後は存在するのですが、いつの間にか消えてしまいます。いったいなんなのでしょうか。

/dev/sr0で95%以上は困らないはずなので、ejectコマンドのソースを書き換えてこっちを見に行くようにしようと思ったのですが、よくよく読むとconfigureで"--enable-default-device"オプションをつけると、デフォルトで見るデバイスファイル名を変更できることがわかりました。というわけで変更することにしました。

全くいい方法ではないのですが、それなりの台数で作業しなければいけないのであればこういう割り切りもやむをえないと思います。
posted by 株式会社アプセル at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74462980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック