2014年02月07日

NEC Express5800/GT110f-SとUbuntu 12.04.4

以前も書いたとおり弊社ではjma-receiptなどをあらかじめインストールしてあるUbuntu 12.04のイメージを作成し、インストールの手間を大幅に省いています。
その後各種設定を一発でやってくれるスクリプトを用意したりして、セットアップにかかる時間を大幅に削減することができました。
それはさておき、ubuntu-defaults-builderでイメージを作成すると、常に最新のUbuntu 12.04になります。ということは最近だと12.04.4になるのですが、これをNEC Express5800/GT110f-Sにインストールしてみると、今までと違うことが2つありました。

1. Xが速くなった
12.04.3以前だとXが遅くて遅くてどうにもならず、ウィンドウを動かしただけで残像が出てしまうような有り様でしたが、これが改善されました。やむを得ずビデオカードを増設したりしていましたが、その必要がなくなってホッとしました。

2. blacklistに放り込むカーネルモジュールが変わった
この機種だと再起動ができない(再起動しようとしても普通に電源が落ちてしまう)ので、meiとacpi_power_meterというカーネルモジュールをblacklistに放り込む必要があったのですが、12.04.4だとこれをやっても再起動できませんでした。lsmodで確認してみるとmei_meに引っ張られてmeiまで読み込まれているので、meiの代わりにmei_meをblacklistに放り込んだら再起動できるようになりました。検証不足ではありますが、blacklistに放り込んだことによる弊害も今のところは見つかっていません。

追記:
すみません、1は勘違いですね。
posted by 株式会社アプセル at 11:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
NEC_EXPRESS5800 GT110e-S で同様の現象が出ており困っております。上記の設定をかけてもダメでした。何かお気づきの事、ございますでしょうか。
Posted by くまのすけ at 2014年11月17日 21:23
モデルが違うと読み込まれるカーネルモジュールも異なる可能性があるので、lsmodコマンドで確認する以外に手はないように思います。
Posted by 担当 at 2014年11月18日 15:21
ご回答ありがとうございます。再度挑戦してみます。
Posted by くまのすけ at 2014年11月18日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86810259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック