2014年03月27日

Ubuntu 12.04で縮小印刷をする

Ubuntu 8.04までは内部処理(大雑把すぎますが)をPostscriptで行っていたので、PPDに細工してA4をA5に縮小印刷する、なんてことが簡単に出来ました。
しかし、10.04から内部処理がPDFになってこの方法が使えなくなったので、ジョブオプションの[用紙に合わせる](fitplot)を使用していました。
fitplotは(コードを見ていないので)何に依存しているのかよくわかりませんが、プリンターによって縮小率がまちまちで、中には読めないほど縮小されるものもあってあまり実用にはなりませんでした。

いちいちプリンターの設定を行うのが面倒になり、機種限定でいいから一発で設定できるスクリプトを書いていて、この時に使用するlpadminのオプションを見ていたら"-o fit-to-page-default"というのが見つかりました。これを使用すると、fitplotよりもバシッと縮小されることがわかりました。縮小といっていますが、拡大でも同じようにうまく行くのではないかと思います。

設定方法は簡単で、プリンター名がlp3だとすると
$ lpadmin -p lp3 -o Media=A5 -o fit-to-page-default
を実行するだけです。残念ながらGUIでは設定できません(たぶん)。
posted by 株式会社アプセル at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91808848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック