2014年08月27日

MOSS9開催決定

MOSS9の開催が決定しました。
久しぶりのMOSS(医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー)です。
個人的には早稲田大学構内で開催された時以来です。

他の医療情報系の集まりは専門性が高かったり、偉い先生がお集まりであったりと
敷居が高くて参加する勇気が無いのですが、(主催の小林先生はエライ先生です。念の為)
ここはそういうことが無く(勝手にそう思ってるだけか?)
話が分からなくてもリラックスしていられるので、よく参加しています。

OSSを使って医療情報に参画したい方は是非どうぞ。
posted by 株式会社アプセル at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月30日

Ubuntu14.04 LTS日本語Remixリリース

Ubuntu 14.04 LTS日本語 Remixがリリースされました。
関係者の皆さんのがんばりに感謝致します。ありがとうございます。
おかげさまで2年程度はこのバージョンで色々出来そうです。

今回のバージョンはデフォルトの日本語入力がFcitx-Mozcになるみたいですね。
LibreOffice 4.2も触ってみたいどころです。
posted by 株式会社アプセル at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

haltでは電源が切れない

こんばんわ。daihyouです。
数日前に夜遅めにお客様のサーバーにアクセスする機会がありました。
リモート操作でメンテナンスし、こちらから電源を切る事になっていましたので、
作業終了後、sudo haltと入力して帰ったのですが、翌朝一番にお客様から
「サーバーが立ち上がってこない」と連絡が入り、驚きました。
Ubuntu12.04ではhaltで電源が落ちない事を知りませんでした。
今後はpoweroffで終了するようにします。

忙しくても素人は触わらないのが正解か、今回はこの時期なのでやむを得ないのか・・・。
posted by 株式会社アプセル at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月10日

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
旧年中は関係者の皆様には大変お世話にりまして、誠にありがとうございました。

昨年を振り返ると
 ・大切な事を学び知った
 ・企業向けのウェブアプリケーションをスクラッチで開発、稼働させた
 ・本業は相変わらず地味に少し成長し、私以下社員も社会人としても少し成長した
一年でした。

大切な事とは、企業は世の為人の為に役に立つこと、またそれができる人を育てる
(経営者自身もそのように成長すること)が目的であり、利益はそのための原資であり手段であって最終の目的ではないという事です。
実際にそのように行動されている複数の企業の代表者から
お話を伺う機会が何度もあり、さすがに鈍い私も気づきがありました。

弊社は情報システムを使う人にも提供する人にも安心と喜びを提供するためにある会社なのですが、普段はそんなことを忘れて「売上につながるか」「いくら利益があるか」を行動の判断基準にしてしまいがちです。
お話を伺った素晴らしい方々は皆さん価値有る目標に向かってぶれずに進み、価値観を共有する仲間を増やし、利益も上げておられました。
今年一年間はこの素晴らしい方々の生き様を目標にします。

本年もよろしくお願い致します。
posted by 株式会社アプセル at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月24日

第3回JasperServer日本ユーザー会(関西)の勉強会

おはようございます。
来る10月12日にjasperserver日本ユーザー会関西支部?の勉強会があります。
JasperServerはオープンソースの帳票作成ツールでもあり、OLAPツールでもあり、データコンバートツールでもあります。
当社も今年、このプロダクトの一部の機能を利用して、小さなシステムを納品させて頂きました。
ご興味のあるかたは一緒に勉強しませんか。勉強会の申込は
http://atnd.org/event/jjsugk1 から。

posted by 株式会社アプセル at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月23日

第2回JasperServer日本ユーザー会の勉強会

おはようございます。
来る5月25日にjasperserver日本ユーザー会関西支部?の勉強会があります。
JasperServerはオープンソースの帳票作成ツールでもあり、OLAPツールでもあり、データコンバートツールでもあります。
今回は東京からワークブレイン・ジャパン株式会社のエンジニアの方に来て頂いて、お話を伺うことになりますた。
(ワークブレイン・ジャパン株式会社はJasperSoft社の公式ディストリビュータです。)

コミュニティーの勉強会ですがソフトウェアの性質上、皆さん職場で使うことを前提に勉強しています。
業務ソフトでは、他システムからデータをコンバートすることやデータを加工したり表現したりすることは必須ですね。ご興味のある方は是非一緒に情報収集しませんか。

posted by 株式会社アプセル at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月07日

13.04リリースおめでとうございます

こんばんは。daihyouです。
5月5日にUbuntu 13.04 日本語 Remix (x86用)がリリースされましたね。
Ubuntu Japanese Teamの皆さん、おめでとうございます。
そしてUbuntuを支えている全ての方々、いつもほんとにありがとうございます。

この年寄りも最近ようやくUnityに慣れてきたのですが、
クラシックなUIを使うとやはりそちらのほうが馴染みますね。
時間があれば、13.04で提供されるGNOMEも試そうかと思っています。
posted by 株式会社アプセル at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月27日

医療辞書の更新

Ubuntu 10.04用の医療辞書はorca-medicという名前のパッケージで配布されていますが、更新されていないので内容が古くなっています。
12.04用の辞書は配布されていますが、なぜか手動でインストールすることになっています。
というわけで、12.04用の辞書を10.04で使うにはどうしたらいいのかいろいろ考えてみました。

まずorca-medicですが、前述のとおり現在パッケージのビルドができなくなっています。修正すれば可能ですが、今度は別の問題(具体的にはライセンス)が発生します。
それに、新たに作成したものよりも12.04用の医療辞書のほうが語彙が豊富らしく、またライセンス的な問題がない(GPL2で配布されている)ためこれを使ったほうが良さそうです。
あと、orca-medicはパッケージのインストール時に/etc/anthy/diclistにmedic.tを追加していますが、これはAnthyパッケージが絶対にアップデートされることがないという前提で、首を傾げます。

alt-cannadic-extraパッケージはGPL2で、かつupdate-anthy-dicsをdivertしているので、この中に新しい辞書を同梱してupdate-anthy-dicsを書き換えて有効にするのがいい手だと思いました。medic.tというファイル名は被るので、medic-precise.tというファイル名に変更しました。
update-anthy-dicsには/etc/anthy/diclistを取得する部分がありますが(そりゃそうです)、ここでmedic.tという文字列があったら削除するようにしてやれば、medic.tを無効に出来ます。
panda-client2はalt-cannadic-extraとorca-medicをrecommendしているので、どちらか片方だけをインストールしているという状態は考えなくても良さそうです。が、念のためorca-medicがない状態でupdate-anthy-dicsを動作させましたが、問題ありませんでした。
これで10.04で12.04の医療辞書を使えるようになりました。

12.04だと手動でインストールするのが面倒なので、Anthyパッケージの中に同梱しようかと考えています。
posted by 株式会社アプセル at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月09日

勉強会の発表資料

去る1月27日に行われたJasperServer日本ユーザー会の勉強会で使った発表資料をスライドシェアにアップロードしました。
JasperReportsライブラリーを利用したウェブアプリの事例」 です。

資料作成が途中で時間切れになってしまって、途中で終わっているような体裁ですが、機会があれば改訂版を作りたいと思います。
posted by 株式会社アプセル at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月23日

jasperserver日本ユーザー会の勉強会

こんにちわ、daihyouです。
来る1月27日にjasperserver日本ユーザー会関西支部?が主催する勉強会で、
私が少し発表することになりました。

内容は
JasperReportsライブラリーを利用したウェブアプリの事例紹介です。
JasperReportsJasperserverを構成しているオープンソースの帳票作成ライブラリーです。)
昨年11月5日に「webアプリを作ることになりました」を書きましたが、そこで作成したアプリについて、今現在の成果発表となります。このWebアプリの中でJasperReportsライブラリーを利用してExcelシートを生成しているので、活用事例として発表させて頂きます。

当日はハンズオンで体験する時間や、BIツールとしてのJasperserverの紹介があり結構濃い内容になりそうです。
posted by 株式会社アプセル at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月30日

良い本が出ていますね Part2



Libre2.jpg
posted by 株式会社アプセル at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月07日

Sun-Javaのdebパッケージが無くなりそう

皆様、明けましておめでとうございます。daihyouです。

弊社はお客様、取引先様、そして会社のみんなのおかげを持ちまして新しい年を迎えることが出来ました。本当にありがとうございます。
本年はもっとみんなに喜んで頂けることを目指して行動します。

話は変わって昨年の12月の情報ですが。。。
Ubuntu Japanese Teamのメーリングリストによると、標題の様な予定だそうです。
以下はそのメールの大意です。昨日の記事のリンク先にも同じことが記載されていますが、debパッケージを触らない人も知っていたほうが良いと思いますので、ここでも改めてお知らせします。

------------------------------------------
Ubuntu 向けのOracle Sun JDKパッケージ(*sun-java6*)が提供されているため、お使い
の方も多いかと思われます。しかしながらこのパッケージは将来的に削除される予定です。
これは、Oracleによって「Operating System Distributor License for Java
(DLJ)」というライセンスが廃止されたことによるものです。

GNU/LinuxのOSディストリビューターは、このライセンスに基づいて
Sun JDKをベースとしたバイナリパッケージを配布してきましたが、新しい
バージョンからは配布が許可されなくなりました。

以下のいずれかの対応をとることによってJavaを利用しつづけること
が可能です。

1. OpenJDKパッケージをインストールする。
  openjdk-6-jdk - OpenJDK Development Kit (JDK)
  openjdk-6-jre - OpenJDK Java runtime, using Hotspot JIT
  icedtea6-plugin - web browser plugin based on OpenJDK and IcedTea to
execute Java applets

2. OracleのサイトからダウンロードしたJDKをインストールする。
通常は1の方法、Androidの開発環境を構築している場合などOracle JDKが必要な
場合は2の方法をとると良いでしょう。


参考URL
https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-security-announce/2011-December/001528.html
https://wiki.ubuntu.com/LucidLynx/ReleaseNotes/Java6Transition

----------------------------------------

日医標準レセプトソフトに関連するソフトウェアでsun-javaのパッケージを利用しているものは影響が有るものも出てくるのでは?
posted by 株式会社アプセル at 11:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2011年12月09日

良い本が出てますね

LibreOfficeのテキストで良い本が出ていますね。
操作に関する内容に絞って書かれています。

noa_libre.png
posted by 株式会社アプセル at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月30日

Pentaho勉強会します

弊社は医療機関が請求システム(レセプトシステム)を導入する際にそれを支援することを生業としています。そしてそのシステムはオープンソースソフトウェアで構築されています。
ということで、微力ながらそのノウハウを活かして「OSSで基幹業務システムの構築を目指す勉強会」を始めました。今月は時間が取れませんでしたが、4月は27日に開催します。
4月27日は「Pentaho」というツールを外部(KSKソリューションズ)から講師を招いて
勉強します。
「Pentaho」はビジネスインテリジェンスツールと呼ばれるデータの集約、分類、表示ツールですが、勉強会では特にレポートツールとしての機能を重点的にお話頂く予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
posted by 株式会社アプセル at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月08日

紙レセプトは残る

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は多くの方に大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

いくつかのクリニック様のレセプト作成をサポートしていますが、レセプト提出まで期限が無いためか、皆さんお正月気分どころではなく請求データ作成にお忙しい様子です。
そんな中で、国保連合会に提出する「特別療養費」のレセプトですが、電算データとしては生成されません。国保連合会に問い合せすると「紙で提出頂きたい。」とのことでした。
当分は例外的な紙レセプトは残りそうですね。
posted by 株式会社アプセル at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月20日

iReportの本が出ました

こんにちは。Daihyouです。
オープンソースのJavaレポートジェネレーターであるiReportの解説本が出ましたね。
タイトルは「iReport 実践ガイドVersion 1.0」

チラシです。
iReportGuide_chirashi_ver01.pdf
posted by 株式会社アプセル at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月24日

OSSで基幹業務システム構築を目指す勉強会を始めます。

こんばんは。daihyouです。
来年から「OSSで基幹業務システム構築を目指す勉強会」をすることにしました。
http://appcel.jp/ubuntu_oss_seminar1011.pdf
オープンソースコミュニティーはプロダクト毎に運営されている場合がほとんどですが、
対価を頂けるソフトウェアを目指すのであれば、最終利用者に近い視点からの勉強会が有っても良いのではないかと思い、かなりチャレンジングな企画ですが思い切ってやってみます。
皆様お誘い合わせの上お越しください。
posted by 株式会社アプセル at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月17日

glassfish3.0.1インストールメモ

アプリケーションサーバーのglassfish3.0.1をインストールしてもらいましたので、メモしておきます。
<環境>
Ubuntu10.04
PostgreSQL8.4
OpenJDK1.6
<入手>
Ubuntuパッケージではなく、NetbeansにバンドルされているGlassfishでもなく、Glassfishコミュニティーのサイトからダウンロードしました。
https://glassfish.dev.java.net/ja/downloads/3.0.1-final.html

<設定>
インストール後管理画面(ブラウザでポート番号4848を指定)で接続するDBを設定。
●設定の前提になる環境
・PostgreSQLにはJDBCで接続。
・JDBCドライバーはUbuntuパッケージのlibpg-javaを利用。

●設定作業
1:libpg-javaを利用するために
  ./glassfishv3/glassfish/domains/domain1/lib/ext
  にシンボリックを作成。

2:管理画面でJDBC接続の詳細設定。

2ー1:JDBC接続プールを新規作成します。
glassfish30_jdbc1.png

2ー2:作成したJDBC接続プールにプロパティーを追加します。
glassfish30_jdbc2.png

2ー3:JDBCリソースを作成し、JDBC接続プールを割り当てします。
glassfish30_jdbc3.png

以上です。
posted by 株式会社アプセル at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月14日

netbeansにireportのpluginをインストール

こんにちは、daihyouです。
レポート作成ツールを探しているので、iReportを試そうと思ったのですが、英語でした。
plugin版では無く単体で使うもの
であれば日本語がありそうです
が、せっかくなのでメモしておきます。


<動作環境>
Ubuntu10.04
netbeans6.9.1
OpenJDK1.6

<iRepot for netbeansのダウンロード>

http://sourceforge.jp/projects/sfnet_ireport/downloads/iReport%20Plugin%20for%20NetBeans/iReport-3.6.0/iReport-nb-3.6.0-plugin.zip/


<インストール>
1:解凍
上記zipファイルの内容
iReport-nb-3.6.0.nbm
jasperreports-components-plugin-nb-3.6.0.nbm
jasperreports-extensions-plugin-nb-3.6.0.nbm
jasperserver-plugin-nb-3.6.0.nbm

拡張子nbmがnetbeansのpluginファイル。

2:netbeansに設定

ツール(メニュー) → プラグイン →
ダウンロード済み(タグ) → プラグインの追加 → nbmファイル指定 → インストール

<以下インストールされたファイルが表示された画面>
nb_plugin.png

posted by 株式会社アプセル at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月17日

Xの再起動

今日は珍しく少し技術よりな話題(自分用のメモ?)を書きます。
担当さんの記事に比べると、技術レベルは素人レベルに近い記事に
なるはずなので、担当さんの名誉のためにも、今後は技術的な話題を書くときは“daihyou”を名乗ってから書くことにします。

普段の業務ではubuntu10.04を使い始めたのですが、
Ctrl-Alt-Backspace でXを強制的に再起動させることができなくなりましたね。
これはUbuntu 9.04からの仕様みたいですが、このキー操作を有効にする方法が以下に有ります。

https://wiki.ubuntu.com/KarmicKoala/ReleaseNotes/ja#Xorg%E3%81%AECtrl-Alt-Backspace%E3%81%AF%E6%A8%99%E6%BA%96%E3%81%A7%E7%84%A1%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99

ORCAでも稀に日本語変換が固まったときなど、Xの再起動で
対応していただいたりするので、ユーザーサポートの担当者としては次のOSバージョンでも使いたい機能かもしれません。
posted by 株式会社アプセル at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記